薬の飲み忘れを「ペットボトル1本」で劇的に防止する方法

シェアする

スポンサーリンク
pet bottles

わたしが実践している「薬の飲み忘れ」を防ぐ方法を紹介する。

用意するのは500mlくらいのペットボトル1本だけ。

ペットボトルは、薬を飲むための水を入れるために使用する。

わたしはこの方法で、薬の飲み忘れをほぼゼロにできた。

スポンサーリンク

飲み忘れを防ぐ方法

薬は朝・夜の2回服用するとする。

まず、薬を飲む前夜に、ペットボトルいっぱいに水を入れておく。

ペットボトル 1

薬を服用する当日の夜、薬を飲むときにペットボトルを確認する。

もし、朝の分を飲み忘れていなければ、このように水が減っているはずだ。

ペットボトル 2

飲み忘れていれば、このように水はいっぱいのまま。

ペットボトル 1

なので、「朝の飲み忘れ」に気づく

朝・夜すべて飲み忘れていたら

翌朝、起きたときにペットボトルが水でいっぱいだったとする。

ペットボトル 1

もし、前夜にペットボトルに水を入れた覚えがなければ、「朝・夜とも飲み忘れた」と気づくことができる。

わたしはこの方法で、薬の飲み忘れを防いでいる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS