「認知症は自力で予防・改善できる」ことを教えてくれた動画

シェアする

スポンサーリンク
runner

認知症とは「不治の病」と思っていたけど、そうでもないらしい。

ということを、次のYouTube動画で知った。

動画認知症とは【精神科医・樺沢紫苑】(YouTube)

認知症は予防できるし、仮に発症したとしても改善できるそうだ。

しかも、医者にかからず「自力」で。

昔は「認知症になったら治らない」が常識だったそうだが、今は認知症の研究が進み「治る病」となっている。

これは朗報だ。

スポンサーリンク

認知症の予防法

上記の動画によると、認知症を予防する一番の方法は、

運動

だ。

動画では「運動をすると認知症のリスクをかなり下げることができる」と強調されていた。

健康人がいきなり認知症にはならない

認知症はいきなり発症するわけではないようだ。

「MCI」という「認知症予備軍」の段階を経て、発症するとのこと。

MCIを経て数年かけて認知症が発症する。

認知症の発症を防ぐには、MCIを予防すればいい。

予防策は「1日20分の散歩」だ。

認知症の改善

もし認知症になっても改善する方法があるとのこと。

方策は、これもまた「運動」だ。

薬ではなく「運動」だ。

運動することで認知症の進行を遅らせることができるらしい。

病院に行って治療したり薬を飲んだりする必要がない」のがいいなと感じた。

若い頃から運動する

認知症の予防・改善の方策が「運動」だとしても、高齢者がいきなり運動するのは難しい。

なので、若い頃から「運動習慣」をつけておく。

運動習慣があれば認知症予防になる。

高齢者になって、仮に認知症になっても運動習慣があれば、運動することのハードルが低いので、症状を改善できる可能性が高まる。

※上記は2020年8月2日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS