Kindle出版の印税収入の推移(2016~2019)

シェアする

スポンサーリンク
book5 with my girl

Kindle本を出して印税収入(ロイヤリティー)がどのようになってきたのか、過去4年(2016~2019年度)の推移をグラフにしてみた。

2016年度の収入を100とした。

印税の推移 2016-2019

収入の推移は次のとおりだ。

2016年  100
2017年  225
2018年  112
2019年  164

スポンサーリンク

2016年:セミリタイア本の出版開始

2016年は当ブログの電子書籍化を開始した年だった。

次の2タイトルをKindleで出版した。

40代で早期退職して自由に生きる

40代で早期退職して5年間セミリタイアしてみた

2017年:売上のピーク

2017年は3タイトル目の

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

を出した。

上記の3タイトルの印税が入ってきたので、対前年で2倍以上の収入となった。

2018年・2019年:出版ゼロ

2018年と2018年の両年度は、当ブログのKindle出版はゼロだった。

文章を書籍化する作業はけっこう疲れる。

文章の執筆、編集、推敲、ページ構成、表紙作成、値決め、PR……などの作業をひとりでやらないといけない。

なので、毎年のようにポンポンと本を出すのは難しい。

出版ゼロの年でも、印税は入り続けた。

Kindleストアに本をアップロードしておけば、あとは放っておいても売れるチャンスがある

というのがKindle出版のメリットだ。

2020年:久しぶりの出版

今年、2020年は3年ぶりに当ブログのKindle本を出版した。

Kindle本『40代で仕事に疲れたので早期リタイアしてみた』発売開始
当ブログのKindle本第5弾が、2020年11月4日から発売開始となった。 タイトルは、 『40代で仕事に疲れたので早期リタイ...

今回は時間をかけて少しずつ作業を進めていったので、そんなに重労働感はなかった。

ふつうの本のように「締め切り」「ノルマ」がないので、気楽に作れた。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS