大学入学共通テスト2021「日本史B」を解いてみた

シェアする

スポンサーリンク
大阪城 2018.3

2021年度の大学入学共通テスト「日本史B」(第2日程)を解いてみた。

問題と正解は次のサイトを参照した。

参照日本史B 正解と配点(読売新聞オンライン)

結果は100点満点で85点だった。

「ぶっつけ本番」にしてはできた方かなと思う。

スポンサーリンク

日本史でも「国語力」が問われる

解いてみた感想は「読解力を問う問題が多かった」だ。

史料を読んで解く問題が多かった。

なので、高得点を狙うには「国語力」が必要だ。

ここでいう「国語力」とは、「長文を読んで内容を正確に理解する能力」だ。

日本史の知識に加えて、文章を読んで理解する能力がないと正答するのは難しい。

しかも、試験時間内に読まないといけないので「読むスピード」も大切だ。

「国語力」は社会に出てからも必要なので、学生時代に身につけておいて損はない。

苦手な問題はやはり間違えた

わたしが間違えた問題は5問で、1問3点だったので計15点の失点だった。

間違えた問題のひとつが「歴史的なできごとを古い順に並べよ」という問題だ。

次の3つを、古い順に並べることができなかった。

  1. 恵美押勝の乱
  2. 阿倍比羅夫の蝦夷平定
  3. 小野妹子が遣隋使として随へ行く

ちなみに、「恵美押勝」は「えみのおしかつ」、「阿倍比羅夫」は「あべのひらふ」と読む。

上記のできごとが何年に起こったのか知らなかったので、あてずっぽうで解答したら間違えた。

正解は、「III → II → I」だ。

「764年、恵美押勝の乱」みたいに「歴史的な事件が起こった年」を覚えるのが苦手なので、この手の「並び替え問題」は好きではない。

わたしが間違えた問題の解答番号は次のとおり。

第1問 2
第2問 11
第3問 12
第4問 全問正答
第5問 22, 24
第6問 全問正答

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS