セミリタイア生活で「家計が赤字」なら不幸か

シェアする

スポンサーリンク

家計の収支は「黒字」が必須だ。

収入よりも支出が多い「赤字」と、いずれ破産してしまう。

が、セミリタイア生活の家計は黒字にする必要は……ない。

赤字でも大丈夫だ。

なぜなら、まとまった貯蓄があるからだ。

わたしの場合、セミリタイア生活とは「家計の赤字分は貯蓄を取り崩す」という前提の生活だ。

スポンサーリンク

収入より自由が大事

そもそもセミリタイア生活とは、収入よりも自由を優先させる生活だ。

家計の黒字のために収入を上げようとするとどうなるか。

十分な不労所得がなければ、労働時間が増える

労働時間が増えればセミリタイアではなく、単なるフリーターになってしまう。

最悪、サラリーマンに逆戻りしてしまう。

「赤字 = 不幸」?

わたしは40代前半で早期退職して、セミリタイア生活を10年続けてきた。

最初の5年(2012~2016年度)は家計は赤字だった。

直近の5年(2017~2021年度)は黒字を維持している。

セミリタイア10年目の2021年度も「黒字決算」の見込み
もう2021年の師走なので、セミリタイア生活10年目の「2021年度家計」の収支見込みをチェックしてみた。 収支は「大幅な黒字」になる...

では、「2012~2016年は不幸で2017年以降は幸福感に包まれているのか」といえば、そんなことはない。

赤字家計だった2012~2016年は「アベノミクス」の株高で金融資産は増えたので、赤字はそれほど気にならなかった。

赤字覚悟でセミリタイア突入

仮にアベノミクスの株高がなく、貯蓄が右肩下がりで減っていたら不幸だったか。

想像するしかないが「不幸ではない」と思う。

退職前は「会社を辞めたら無収入で貯蓄を取り崩す生活」だと想定していたからだ。

「収入を増やす」「家計は黒字」「資産を増やす」なんて、まったく考えていなかった。

収入より自由が大事」だからセミリタイア生活に突入した。

もし、「自由よりも収入増・資産増の方が大事」だと思うなら、まだサラリーマンを続けているだろう。

スポンサーリンク

シェアする

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS