縁起の悪いテレビCM

今年もセンター試験から受験シーズンが始まった。

わたしが大学受験の時は、2月~3月にかけて受験生にとって「縁起の悪いテレビCM」が流れて本当に腹が立った。

そのCMとは「予備校」のCMだ。

受験生は合格発表まで当落が不明で気分が落ち着かない。

浪人するのかしないのか不明確な時にテレビをつけたら大手予備校のCMがバンバン流れてくる。

死にかけている時に葬儀屋のCMが流れてくるような「縁起の悪い」気分にさせられた。

と同時に、

「大手予備校って、金儲けのことしか考えていないんだな」
「受験が終わって合格発表を待っている受験生の気持ちはまったく考えていないんだな」

と思った。

CMではないが、

「合格グッズで勝手に盛り上がっているニュース」
「大学入試があったことだけを報じているニュース」

にも腹が立った。入試があったことは関係者ならみんな知っている。

いったい誰に向けて報じているのかまったくわからない。

「へ~、今日は○○大学で入試があったのか」

受験生でもない、受験生の家族でもない無関係な人がこんな情報を得ても何の意味もないだろう。

とにかく、受験生は当落がはっきりするまで気が気でない。合格発表が終わるまで受験生の心に配慮してほしいものだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader