テレフォンカードで電話代を払うとNTTが傾く?

シェアする

スポンサーリンク


1ヶ月以上遅れで部屋を大掃除していたら、テレフォンカード(新品)が出てきた。ちょっと得した気分。

しかし、テレフォンカードを使う機会がない。公衆電話なんて最近は全然使ってない。ふと思い出したのだが、テレフォンカードはNTTの電話料金の支払いに使えると聞いたことがある。しかしどうやって支払うのだろうか。近所の電話局に持ち込むのだろうか。

未使用テレカで電話料金を支払える? 使用済みは使えない不思議をNTTに直撃取材!」(Business Journal)という記事によると、次のようにして支払うそうだ。

ーー支払う時はどうすればいいんですか?

担当者 こちらから手続きの用紙を郵送しまして、テレフォンカードと一緒に返して頂きます。1枚につき50円の手数料を頂き、残り分を通話料から落とす形になります。

ーーもし送ったテレホンカードの金額が、その月の通話料より多かったら、翌月に持ち越しになるんですか?

担当者 そうですね、次に越えた時に引かせていただくということです。


「担当者」というのは取材先のNTT東日本のことだ。1枚につき50円の高額な手数料をとるのだから、価値は相当劣化しているみたいだ。

事実、NTTは「電話代をテレフォンカードで支払われる」ことを嫌がっているらしい。同記事によると、

以前、ある番組で、テレホンカードで電話料金が払えるということを紹介しようとしたら、局の営業からストップがかかったことがある。番組も見た人たちに翌月の電話料金をテレホンカードで一斉に支払われたら、NTTが傾くというのだ。まさか。しかし営業がやめてくれと言ってくる以上、NTTにとっては望ましくない事態が起きるのはたしかだ先に金をとっているくせしやがって。なんか頭にくる。


テレフォンカードはNTTの国民に対する負債だから、一斉にテレフォンカードの支払いが殺到すると銀行の「取り付け騒ぎ」のような状態となり、NTTの経営が危なくなるのか。でもそれは自業自得だろう。借金を勝手に作ったのはNTTなのだから。

NTTの有価証券報告をを見てみたが、貸借対照表の負債の部にはテレフォンカードの残高を示す項目は見つからなかった。経営に重大な影響をおよぼすのなら、キチンと残高を貸借対照表に掲載すべきだ。

テレフォンカードは使わなければそのままNTTの利益となる。使用期限を切られないうちに早めに使ったほうがいい。

<参考>
テレホンカードによる電話料金のお支払いについて(NTT東日本)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS