早期退職後は働くヒマがないのでバイトをしたことがない

シェアする

スポンサーリンク
ハンモック

40代前半で早期退職して9年近く経過しているが、「バイト」はしたことがない(2020年8月現在)。

「バイト」とは、会社などに一時的に雇用されて時給労働することだ。

バイトをしたことがない理由は次の2つ。

  • バイトをする必要性がない
  • バイトをする時間がない


詳しく説明する。

スポンサーリンク

バイトの必要がないセミリタイア生活

ひとつめの理由は「バイトをする必要性がない」。

わたしは「半労働 + 半リタイア」のセミリタイア生活を9年近く送っているが、バイトはしたことがない。

理由は、一生遊んで暮らせる貯金があるから時給労働する必要がないので。

太っ腹

ウソです。

そんなに莫大な貯金は持っていない。

理由は、退職後は支出が少なくなったので、バイトをしてまで稼ぐ必要がないからだ。

会社を辞めると「働くための必要経費」「ストレス解消費」「交際費」が激減する。

支出が自然減するので、収入もそんなに必要なくなる

生活費は次の記事で紹介した「5つの収入源」でまかなえている。

50代のセミリタイア8年目を支えた5つの収入源
昨年(2019年)、セミリタイア生活8年目を支えた5つの収入源の割合をグラフにしてみた。 2011年に会社を辞めて8年かけて、これらの...

働くヒマがないセミリタイア生活

2つめの理由は「バイトをする時間がない」だ。

つまり、働くヒマがない。

セミリタイア生活は意外に忙しい

午前中はメインの収入源である「ブログ」の記事更新にあてている。

記事の更新は1時間くらいかけている。

過去の記事の修正にも1時間くらいかけている。

つまり、1日に2時間ほどは「労働」に時間をかけている。

もし、バイトを入れてしまうと短時間のバイトだとしても1日の3分の1は労働になってしまう。

そうなると読書・動画視聴・ゲームといったセミリタイア生活の「メインの活動」の時間がなくなる(笑)。

セミリタイア生活

スケジュール帳は真っ白にしておいて好きなときに好きなことをする「セミリタイア生活の醍醐味」が失われる。

なので、バイトする時間がない

ああ、忙しい忙しい。

退職後にセミリタイア資金が不足していないか確認する方法
退職後に「セミリタイア資金が不足していないか」というのは気になるもの。 そこで、先日こんなツイートをした。
日本人はセミリタイアせず死ぬまで働けば幸せなの?
こんなツイートを見つけた。 「まだ治療法があります」と言われ、治る可能性があると思い喜ぶ。医師は治らないことはわかっているのだが。「死...


※上記は2020年8月28日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS