貯金が10万円未満では早期退職どころじゃないけど楽しそう

シェアする

スポンサーリンク
e-commerce

【海外発!Breaking News】貯金しないアメリカ人 「10万円もない」が69% 専門家「カード社会が原因」と指摘 (2016.10.9 Techinsight)

という記事を読んだ。

記事で紹介されている調査結果によると、アメリカ人の34%は貯金がゼロ、69%が1000ドル(約10万円)の貯金もない、と回答したそうだ。

アメリカ人の理想は「若いときに稼ぎまくって早期リタイア」だと勝手に思っていたが、貯金が10万円未満では早期退職どころか何もできない。

スポンサーリンク

日本の平均貯蓄額

ちなみに、日本の1世帯あたり平均貯蓄額(2016年1~3月)を家計調査(総務省)から拾ってみた。

東京都区部民……2,224万円

さいたま市民……2,795万円

横浜市民……3,235万円

千葉市民……2,206万円

名古屋市民……2,267万円

京都市民……2,574万円

大阪市民……1,823万円

神戸市民……2,696万円

奈良市民……2,754万円

全国平均……1,818万円

引用:家計調査(平成28年1~3月期)第8-1表 都市階級・地方・都道府県庁所在市別貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高(総務省)

日本の平均値から見ると、アメリカ人はほとんど貯金をしていないのと同じだ。

日本の「億り人」は230万人、1人あたり平均資産は2.6億円

貯金はないけど楽しそう

アメリカ人が貯金をしないのは、収入があればすぐにクレジットカードで使ってしまうかららしい。

ニューヨーク「Mollot & Hardy, Inc.」で働くプロのファイナンシャル・プランナー(CFP)マイケル・ハーディー氏は「アメリカ人が貯金できない理由は、お金がないのに使ってしまうというライフスタイルにあります。1年に3万ドル稼ごうと30万ドル稼ごうと、彼らには関係ないのです。現金で払えないのにもかかわらず、収入があればすぐ使ってしまう。収入以上の生活レベルを下げることができないのです」と問題点を指摘する。

上記記事

※強調は引用者による。

貯金がなければ「現在の生活を維持」するしか選択肢がなくなってしまう。

会社を辞めたくなっても所持金が10万円未満では……。

でも、将来のことを心配せずに収入が発生したらパッと使ってしまえる性格は、楽しそう

将来のことを心配しながら貯金せずに、今欲しいものをパッと買える行動力はうらやましい。

30歳までに1500万円貯めた方法

20代、30代で貯金がなかったら40代以降も貯金できないって

こんな本ばっかり読んできたから会社を辞めちゃったのかな

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS