30年以上続いているセンター試験時期の胃痛と心の傷

シェアする

スポンサーリンク

今日(2019.1.19)と明日は大学入試センター試験だ。

朝、ラジオをつけたらDJが「受験生ガンバレ」みたいなことを延々と言っている。

受験生にとって、当事者意識のない赤の他人から試験直前に「ガンバレ」と(他人事のように)言われるのはかなりプレッシャーだから逆効果だと思うんですけど。

わたしは30年以上前に大学受験から解放されているはずなのに、センター試験の時期(1月下旬頃)になると毎年胃が痛くなる。

受験生でもないのになぜか緊張感がわいてくる。

スポンサーリンク

ズタボロな結果

理由は、わたしが試験を受けたとき「結果がズタボロ」だったからだ。

特に「理科」の結果が散々だった。

得点は5割もとれてなかったと思う。

当時は一浪だったので、

ひょっとして二浪?

という絶対に受け入れたくない結末が心に浮かぶ。

もう受験勉強はしたくなかったから、何が何でも一浪で終わらせたかった。

終わりはよかったが傷が残る

その後、私学に合格して、国立も合格して、二浪はしなくてすんだ。

ただ、「試験の結果がズタボロで二浪する恐怖を味わった」のが「心の傷」となって、30年以上経過した今も「胃痛の種」となっている。

2013センター試験「日本史B」をぶっつけ本番でやってみた
日本史は高校で習って以来20年以上たっているが、歴史小説を少々読んだ程度の知識で日本史Bをやってみた。 結果は54点○| ̄|_。 ...
2013センター試験「ドイツ語」をやってみた
大学の第2外国語で履修して20年以上経っているが、2013年センター試験のドイツ語をぶっつけ本番でやってみた。 結果は166点(200...
2016年センター試験「世界史A」をやってみた
2016年の大学入試センター試験の世界史Aをぶっつけ本番でやってみた。 参照:2016年度大学入試センター速報 (河合塾) 結果...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS