会社を辞めてはじめてわかった「体調が悪いから仕事を休む」なんてもったいない!

シェアする

スポンサーリンク
体温計

最近は寒暖の差についていけず、風邪気味の日々を過ごしている。

微熱が出て体を動かすのがおっくうだ。

でも、ブログは続けている。

風邪で絶不調なときには、こんな記事を書いていた。

風邪で不安なときはペパーミントティー

会社を辞めてはじめてわかったのだが「体調が悪いから仕事を休む」なんて、非常にもったい。

だって、仕事が面白いから。

でも、サラリーマン時代は体調不良のときは「体調不良」を水戸黄門の印籠みたいに掲げて休んだ。

こんなふうに。

スポンサーリンク

体調不良で休みます

朝起きるとどうも熱っぽい。

頭が痛い。

体温計で測ってみると、37℃だ。

「熱がある」と判断するにはちょっと微妙だ。

でも、体がしんどい。

つまり「体調不良」だ。

そう、今は「体調不良」だ。

「体調不良だ!体調不良だ!体調不良だ」と自分に何回も暗示をかける。

自己暗示がきいたせいか、体調がどんどん悪くなる。

そして、カバンから会社の携帯を取り出し、上司にメールを打つ。

「急で申し訳ありませんが、かなり熱があって体調不良なので本日は休ませていただきます」

メール送信後、目覚ましを切って寝床に戻り、寝続ける。

単に会社が嫌いだっただけ?

会社を辞めて思うのは、体調が悪いという理由で仕事を休んでいたのは、「単に仕事が嫌い」なだけだった。

嫌だから会社に行きたくない。

会社に行かずにすむ理由を毎日さがしていた。

今から考えると、非常にもったいない日々を過ごしていたと思う。

嫌ならさっさと辞めて、もっと面白いことをやればよかった

幸い、今は「体調不良で仕事を休むなんてもったいない!」と思えるようになった。

<関連記事>
40歳を過ぎても土日が楽しみなら、人間おしまいだ
40歳を過ぎたら「つまらないものから逃げる」
40歳を過ぎたら自分のために生きろ

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS